2018年9月10日月曜日

学会かんそー

第52回日本作業療法学会に参加して来ました。
感想ですー。

・発表について
久しぶりに口述発表しましたが内容が看護のように教員同行型実習でした。これについては今もやっていますが、手応えを感じて来ています。
一方で、CCSに関する報告やシンポが多かったですが、言葉が一人歩きしている懸念を少々感じました。私が病院時代の管理者であった時、養成校からの依頼でCCS型実習を受けた経験や現在も様々な臨床家から話を伺ったことを総合すると、現場の評価は悪いものも多く、結局従来型と一緒で丸投げになっている印象を受けます。私は一応、CCSに肯定的な立場ですので何とか良くしたいなーと思うのです。どのような形であろうと、臨床との連携が一番の重要課題ではないかなと改めて思いました。



・イブニングセミナーについて
臨床作業療法学会で3名に登壇していただきました。満員御礼立ち見で600人越え。どうも皆様ありがとうございました。京極先生とは色々話をさせていただきましたが、本当クレバーで、爆笑でした(会場の方すいません)。竹林さんの話もはじめ難しいやろ、とたかをくくっていましたが、わかりやすかったです(竹林さんすいません)。統計の話は個人的に色々収穫があり、本学に京極研の卒業生清家先生が来ていただいて、毎週の研究会議で色々教えていただいた成果やなーっと勝手に感謝していたのです。その後の理事会もみんなで和気藹々。仲がいいのが売りですw さて、来年どうするかやなー。

・ナイトセミナーについて
こちらも開始時間がかなり遅かったのですが、満員御礼でした。加藤先生の話でした。わかりやすく、先行研究と実践を組み合わせていて、本当に尊敬できる内容でした。個人的に今年は講演をお断りして、学びを深めており、特に運転には力を入れているので膨大な量の先行研究の紹介にほぼついていけたのは収穫かなと思っています。うん頑張っていてよかった。ちなみにその後の懇親会でも加藤先生は最強で面白かったです。

・作業療法とドライブマネジメントについて
いよいよ発売になりました。ギリギリの発売で郵送してもらうようにしていたので、まだ持っていませんw  TKB上肢本には及びませんが(笑)、多くの方に手を取っていただいたようでよかったです。運転を頑張っている作業療法士の方々が書いている本ですので、運転支援をされる作業療法士の方は一度ご覧いただければと思います。


これからも精進して進まねばなーと思います。
最後に北海道の震災に遭われた方、心からお見舞い申し上げます。
読んでいただきありがとうございました。



2018年9月6日木曜日

北海道および台風21号等で被災された皆様へ。 

北海道および台風21号等で被災された皆様へ。 


様々な甚大な災害について日本臨床作業療法学会会長として心よりお悔やみ申し上げます。
公表については悩みましたが、複数の理事よりご支援いただいたこと、問題を考慮しまして、会長権限にて公表させていただきます。

その理由においては本学会における第52回作業療法学会ナイトセミナーへ、参加有無に関して苦慮している会員の方々がいらっしゃる可能性があり、公表いたします。

本セミナーに関しましては、会員特設サイトにて同レベル、同内容の講義についてE-Learingにして視聴可能にすることを検討中です。会員皆様にはご自身、ご施設についてご配慮いただけましたら幸いです。どうかご無理に選択されること、消沈される心配はされなくて結構でございます。仮に本件が懸念材料になるのであれば、是非今ある、先生方のクライエント支援に没頭されてください。

これら内容については、シンポジストである、本学会理事、友利氏、竹林氏、そして京極氏のご快諾の元に決定しております。

会長としてシンポジストの先生方に心より御礼申し上げるとともに、被災された全ての方々に早急な復興、および本学会の後ろめたさを排除し、屈強なる精神のもとクライエント中心の実践を行う姿勢を心より祈念およびご支援申し上げます。

日本臨床作業療法学会 会長 澤田辰徳

2018年9月3日月曜日

目次公開!

おはようございます〜。

今日から評価実習で、去年行いました教員同行型評価実習を修正して、今年は2施設で行いますー。忙しくなります。また夜はTKBさんとご一緒なので大学まで戻りますー。
実習の詳細を知りたい方は、今週の学会で口述発表します〜。

9月8日(土)14:10~15:10 第11会場 臨床教育者と教員の協業型臨床実習の試み
セッション1発目ですw

さて、今週末のOT学会で先行発売されます、「作業療法とドライブマネジメント」ですが、目次が届きましたので公開します〜。超豪華メンバーです。


基礎知識として、法律や理論から始まり、入門としてみなさん悩む評価について、トップランナーが書かれています。岩佐先生は四国プロジェクトについて書いていただいています。


2ページ目も目白押しです。みなさまが悩む連携や特殊車両、そして海外の事情が詳説されています。それが終わると実践編ですね。ここでは名だたるドライブマネジメントの実践施設の取り組みが紹介されていますので、参考になると思います。

そして最後は事例ですね。これも名だたる先生方に書いていただいています。

以上ですが、Amazonでは1週前後あとに売り出されるようです。しかし、すぐに売り切れて、そのあと発注から納品となるようでちょっと遅くなるようです。竹林さんの本も同様らしいですよ〜。Amazonはまだ書籍が載っていない様子でした。お急ぎの方は学会で!

ちなみにチェックした時に前作マネジメント本がw
最高評価×2をいただいていたようでありがとうございます!



最後まで読んでくださりありがとうございました!
学会でお会いしましょう〜

2018年8月31日金曜日

重ねて買いたい本

最近山登りにはまりそうになっています。

さて本日は、書籍の紹介です。ご存知のように、OT学会で先行発売されます、運転とドライブマネジメントと重ねて買い!の書籍、「上肢運動障害と作業療法」です!

写真もスタイリッシュですねー

私の盟友、竹林崇さんが書かれています。彼はすでに15年前からCI療法を実践しています。実は私もそれくらいにCIMTの洋雑誌の論文を読み漁って、行動心理学から発生し、短期間で実生活で使うようになる!という素晴らしい費用対効果に感動しました。そして、訳も分からず論文に書いてあるおぼろげなプロトコールから拘束して実践してみて、クライエントがついて来ず、失敗した苦い経験があります。それから遠のいていたのですが、今から数年前に竹林さんの臨床を見て、衝撃を受けた覚えがあります。こうやってやればいいのか、そしてこれほど丁寧にアプローチするのかと!さらに、これこそ作業療法のあるべき機能の改善だなとしみじみと思ったことを思い出します。

彼の功績はCI療法の紹介はもちろんのこと様々な側面での誤解を解くとともに、真摯に過去の知見を吟味し、そして臨床的観点から研究により確証する作業を行って来たところだと思いますし、その点については過去の作業療法の歴史を振り返っても類を見ないと思います。

竹林さんの書籍は、前著「行動変容を導く! 上肢機能回復アプローチ 脳卒中上肢麻痺に対する基本戦略」にもあるように、圧倒的に過去の知見を詳説されているところが素晴らしいと思います。ゆえに、ハブ本と言えるでしょう。書籍で読んだところから文献を追って、原著に効果的に出会える。したがって、繰り返し読み応えのある本だと思います。私も前著は何回も振り返り、孫文献を読みました。故に最後までまだ読めていない(笑)

本書は6章から構成され、臨床のみなさんが参考にされたい、課題志向型アプローチの例も沢山記載されてあるようです。今から楽しみですね。ほんと手探りでやっていた自分にとっては、日本語で丁寧に述べられている書籍は恵まれているなー(手探りでやった時Shapingが心理学用語とか判明した時は嬉しかったですよ、分からないのを1つ1つ調べる作業って大変ですし、最終的にわからんってなるわけですわ 笑)と友人ですけど感謝するわけです。




2018年8月16日木曜日

運転支援情報

今年度は充電のため色々な講演をお断りしているのですが、一部だけ諸事情につきお受けしています。

今週末に平成医療短期大学さん、来週は勤務先の大学、ともに卒業生の研修会で運転についてお話しさせていただきます。外部の参加は受け付けていないでしょうが、久しぶりの講演ということもあり、資料を振り返ってみると、うん、多少パワーアップしている間はあります(自画自賛 笑)

本日は、そこでは話す予定がない、運転支援とチームについて少し情報提供したいと思います。運転支援は作業療法士1人では絶対にできません。医師や教習指導員の方など様々な職種の協力のもとチームで行います。

今日はとりわけMD、医師について書きます。作業療法は医師の指示のもと行われるものであり、また運転支援においては医師の診断書作成のために作業療法士に評価などの指示がされます。したがって、医師の方々無くしてはなにもできません。私は幾人かの医師の先生方と懇意にさせていただいていますが、本当に責任の重い仕事であるなと思います。その責任ゆえに、自動車運転の診断書の作成にも慎重にならざるを得ないところがあると思います。

運転支援をしたくても、診断書の作成してしまうと、状況により訴えられるのでは?と私自身も先生方に言われた経験がありますが、そのような考えに至るのも重責のある業務上ある意味しようがないことだと思います。そういったケースの少しでも足しになればということで、下記資料を紹介したいと思います。

第185回国会参議院法務委員会(平成25年)で、佐々木さやか参議院議員(弁護士)が次のようないい質問を問いかけました。

「思うに、やはり、鹿沼市の事故*ですとか、また、それをきっかけとした道交法の改正の議論の中で、統合失調症ですとか、またてんかん、こうした方の運転がそれ自体危険であるというような誤った認識が広がってしまって、お医者様のなかでも、こうした方についての診断書を作成する場合に後で何か責任を問われるのではないかと、こういったことを心配されているお医者さんがいらっしゃるのじゃないかなというふうに思います(後略)」

いい質問ですね。

それに対して政府参考人として警察庁交通局の倉田局長が
「運転免許の付与は、必要により医師の診断を参考としつつ、公安委員会の責任において行うものでございます。医師の責任についてでございますけれども、医師が故意に虚偽の診断書を作成したような場合は別として、医師がその良心と見識に基づき行った診断に基づき作成した診断書について、結果的にそれとは異なる結果が生じたからといって、それを理由に刑事責任が問われるということは通常想定できないのではないかと考えます。」と返答しています。

しっかりとエビデンスに基づいて作成した診断書であれば大丈夫だろうと推察できます。しかし、これは刑事責任なので民事責任になるとどうなるかはわかりません。しかし、私個人の情報によると同様に確固たる知見と良識に基づけば大丈夫であろうという見解のようです。

何れにしても、良識と根拠に基づいた質の高い医療を行うために多職種で協力して運転支援をしたいものですね。

最後まで呼んてくださりありがとうございました。

*鹿沼市のクレーン車事故
てんかんの持病を隠匿し、朝の通勤時にクレーン車を運転し、意識喪失して通学中の小学生の列に突っ込み、6人の尊い命が奪われた事故。その後、家族の署名運動によって道路交通法改正がなされた。家族の手記「あの日」は私も読ませていただきましたが、運転支援の人は読むべき書籍と思います。



2018年7月27日金曜日

臨床家は研究をしなくてはならないのか?

おはようございます。
私はつい先日、日本臨床作業療法学会の会長に再任されました。

その後、ある会員さんからこんな質問をされました。
これは重要な問題ですので日記で共有したいと思います。

その質問は、
「最近の日本臨床作業療法学会は研究を推進しているように見えるが、臨床家が研究をしなくてはならないのか?」

ということです。

会長として個人的な見解を述べると、

「やりたければやればいい、やりたくなければやる必要はない」

です。

一番大事なのは臨床でクライエントに成果を出して、その生活の幸せに貢献することです。別に研究をしていなくても素晴らしい臨床を展開していらっしゃる方々はたくさんいらっしゃると思います。ですので、臨床家は研究をする必然性はないと思います。

しかし一方で、様々な研究から学ぶべきことは沢山あります。研究をしなくとも、最新の知見は知っておきたいですね。作業療法の道は日進月歩です。最新の研究内容を常にアップデートすることは必ずクライエントの成果につながります。逆に研究をチェックしていないと、いつの間にか時代遅れの作業療法になっているでしょう。それはクライエントにとって不幸ではありませんか?

ただし、大学教員はやらなあかんですよ。専門職大学教員もでしょうね。作業療法学の進歩のために質の高い研究は必須です。それは、臨床につながらなあかんと思います。

私は臨床時から研究をしていましたが、自分の臨床疑問を解決したり、臨床につなげる知識のレベルアップを追い込むためにやっていました。時間がないを言い訳にしないためには研究という一つの手法は私にとって比較的早くレベルアップできる手段だったからです。でもそれは人によって違いますので、研究をしなくとも達成は可能だと思います。

一方で、臨床家あるあるですが、論文を読んだとしても統計処理や研究デザインがわからないために研究の本質がわからなくて断念することがあります。したがって、研究法を学ぶことは臨床家にとってもよいことだと私は思います。

日本臨床作業療法学会ではたしかに、研究したいという臨床家や研究法を学びたい臨床家のために研究法のセミナーもやっています。一方で臨床家のための出前講座などゴリゴリ臨床系もやっています。つまり、ハイエンドな研究からどろどろの泥臭い実践までクライエントへの実践に役立つことは多方面で支援していきたいと思っています。

ぜひこういった意見を寄せていただければと考えています。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

2018年7月23日月曜日

1st International & 5th Japanese Congress of clinical occupational therapy

第1回国際&第5回日本臨床作業療法学会が盛会にて終了いたしました。
1st International & 5th Japanese Congress of clinical occupational therapy already finished.

すごく長く日記を書こうとしましたが、やめました(笑)
簡潔に言えば、第1回と同様のセンセーショナルな熱気が得られた学会でした。
Participants were so exited by this congress.



私自身も皆さんとの交流を通して興奮しました。
I was also excited through the communication.




そして感じたことは、世界のOBPに対する情勢が似ており、様々な情報を共有できたことだと思います。
I thought many countries has the same problem about OBP, we could share it.



是非実践しましょう
Let's try OBP in your country!


本学会の成功は、ひとえに大会長の友利さん、実行委員の皆様、そして参加者の方々の賜物だと思います。
This congress owes success to Chairman Tomori, members of executive committee and participants.
Good job!!



皆さんに本当に感謝いたします。そしてまた会いましょう!
Thanks for all. Keep in touch me. See you next!

            Next Congress in Shizuoka!!     ↑ Next Chairman

ありがとうございました。
Thank you so much!
多謝
감사합니다
terima kasih
ขอบคุณ