2019年9月23日月曜日

切実な悩み

こんばんは。かなり久しぶりの投稿です。びっくりすることに9ヶ月ぶりです。

本日、教え子が来ました。職場でのお悩み相談です。この悩みが非常に昨今の臨床の一部を反映していると思いましたので書きました。内容は、急性期18単位をとり、残業はするなとのお達しで、嫌気がさしているとのことです。もう、こんな不正の理不尽の中に生きるのであれば、作業療法士を辞めようかと思うとのこと。正直、あーよくあることだなと思ってしまいましたが、若い世代の可能性がそがれることはひとえに悲しい限りです。僕は個人的見解としていくつかのことを言いました。

①急性期でアベレージ18単位でノー残業は完全なる無理ゲーです。
 移動の時間、記録の時間、他職種との話し合い、カンファレンスなどを考えると、不正をしない限り無理です。また残業ありきの仕事体制は良い管理と言えません。この指示が真実であれば、管理職の管理に問題があると言えるでしょう。

②残念ながら、このような施設は半数かそれ以上あるであろう。
 もちろん優れた管理者も沢山いらっしゃいますし、存じ上げておりますが、残念ながら、コンプライアンスを守っている方が少ない現状がある個人的印象です。特に、施行時間に関してはそう言えると思います。移動の時間など含めていませんか?セラピストは車椅子を押しているだけ、エレベーターを待っているだけ。数え始めてたら枚挙にいとまがないでしょう。個人の倫理観が必要になります。

③労働基準監督署に訴えるのは得策か?
 本日、そのようなことも聞かれました。労基に訴えるのも一つかもしれません。しかし、ものすごい労力と、犠牲を払います。経験があるものが言っているので間違い無いです。自分で良かれと、集団でまとまっていったとしても、職場が荒れます。結果、残業代の支払いや、単位の是正が行われたとしても、職場が荒れることで、真面目にコツコツやっている人が病んだりします。私はそれに心をかなり痛めました。慎重に色々考えて、実行した方が良いのではないかと思います。

④今後の動向は?
 私の見る限り、今後このような悪環境の職場は拍車がかかると思います。厚労省が出したように、理学療法は早々に人数が充足します。実際今日来た学生の職場もPTは募集をしておらず、OTは足りないから募集とのことです。充足はそこまでやってきています。充足すると、その先は就職先がなくなるので、実力がない人は退職しなく(できなく)なります。ともすると、離職しないのであれば職場環境に多少無理を言っても大丈夫だろうと思う上司が少なくないと思うのです。そうなると、現状より悪くなる可能性があります。


悪いことばかり言うようですが、じゃあどうすればいいのか?ですが、簡単なのは自分が辞めればいいわけですが、業界のためには管理者が正しい管理をするようになることだと思います。管理者が倫理やコンプライアンスを守れない方であれば、組織も業界も悪くなります。しっかりと実力をつけ、正しい管理をできる人が代わって管理をするようになるなどが望まれるでしょう。若い方は、上が詰まっていると悩むかもしれませんが、下克上を狙って頑張ってもらいたいと思います。




2019年1月3日木曜日

本年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。本日は息子の自転車の練習に付き合いましたが、ヘリポートの円の白線上を走れと言ったらまさかの娘が自転車で運転して、息子が走ると言うこの上なくシュールな展開になりました。最終的によく上達して息子が自分で乗れるのも時間の問題です(笑)

家族との時間はいいですね。

年が明けました。1年経つのが早くてしようがありません。たかが、3日ですが思うことが多々あります。

1.臨床作業療法学会の理事
正月から、無給なくせに色々研修会など各理事があーでもない、こーでもないと動いています(笑)本当に素晴らしい人たちです。少しは休めばいいのにと休みまくりの会長です。こういう理事に囲まれて幸せやなと思います。目標設定や研究法、そして浜松学会と目白押しです。奮ってご参加ください。

2.今年はワークライフバランス
去年1年、休みつつも月1ぐらいの講演を行い、非常に充実しました。人生の半分以上終えたと思うと、いつ死ぬかわかんないこと、僕より若い人たちがすごく元気がいいので、自分の人生ある程度楽しむのもありやなーと今年も継続したいと思っています。よく遊びよく学び、今年は海や去年から始めた登山を本格化して楽しみたいです。

3.講演など
去年はお断りして申しわけありませんでした。昨年お断りさせていただいた方もご依頼いただければ優先的に善処させていただきます(笑)。しかし、すでに来年度もすでにそれなりに埋まっていますので時期は要相談で(笑)。その他も事業としてコンサルティングなど(すでにやっていますが 笑)本格的に始めます。

4.研究
去年の下積みだったので、今年は花開かせれるよう頑張ります!結構面白くなってきそうです。色々発信していきたいです。

5.生き方
良き仲間に囲まれて幸せに生きています。僕は人が全てだと思っていますし、人より秀でていることは信頼できる人が人よりたくさんいることかなーと思っています。ガキの頃から40年以上常に人に救われて生きてきて今に至るまで色々ありましたが楽しく生きられているのも周りの仲間のおかげだと思っています。人生少なくとも半分済んだ今、40代の残り心豊かに、少しでも人の役に立てるよう、品良く生きてみようと思っています。

6.ツール
今まで頑なに拒んできた、Instagram(実は隠れてやっていたがほぼ全くみていなかった)とLINE(ゼミ生限定)をはじめようと思います。食わず嫌いはよくないなーと。学ぶことや業務の効率化が図れればなんでもやろうと。Instaはまだ発信していないですが、テキトーに発信してこうかなと思います。発信系は皆様がほっこりするような、または役に立てるような学術情報など、流していきたいと思っています。

7.健康
死が近づいてきた感がすごくします(笑)。いやマジで。今年は運動に加え、前述のように登山、そして、食生活や腸活(消化器系の癌で死ぬと昔から予言している)などしていきたいと思っています。

その他も色々ありますが、色々自分の自由気ままに、楽ーに楽しみながら生きる所存です。我が家の年賀状は毎年ウケる内容にしていますが、今年はこれですw ちなみにコピペじゃないですよ(笑)全部一から作っています(笑)。皆様にもおすそ分けw 毎年面白年賀状を心がけています。


今後ともご支援よろしくお願いいたします。

澤田


2018年12月28日金曜日

恒例 振り返り!

今日は車の掃除をするはずだったのに、まさかの洗濯機がエンジン全開音がすごく、修理のため家にステイしなくてはならんです。今年も大詰めですが、皆さんも予定たまりまくりじゃないですかね?

今年もあっという間に過ぎ、毎年恒例の今年の反省です。1月のブログでの目標を振り返ります。

・SNS発信は無理しない。その代わりブログは月1更新
 これは◎。なんとか月1達成できました。もう少し中身があることを書かないとなと思います。来年の課題です。

・授業の内容をブラッシュアップ
 これは◯ですね。ブラッシュアップできましたが、新規の授業もまた増えたので、来年もまた継続課題です。来年はティーチングポートフォリオを1つぐらい作りたいなと思っています。

・飲み会を少なくする
 これは❌かなー(笑)多い。実はお酒は飲まなくてもいい派ですが、かみさんの実家に来てから義父が晩酌するので家でも飲む機会があります(笑)特に外が多いので、来年の飲み会は厳選します。

・研究を2−3プロジェクト進め、論文を?本(?には具体的数値あり)書く。
 これは△。研究は実際に2−3プロジェクト進んでいます。ほんと友利さんをはじめとしたチームのみんなに色々教えてもらって成長しました。論文はまー書いていますが、実際のAcceptはBJOTのみだったので。もう一本は最近ようやく査読者が見つかったので、年明けに向けてええ風に動いて欲しいですね。今年は基盤作りでしたので、来年は拍車をかけます。

・毎日英語に接する(英文を読む)
 これは◯にしとこうかな(笑)11-12月がダメな日がありました(笑)論文修正や授業の準備などでドタバタしてしまいという言い訳ですが、その他の月は概ね合格だったと思います。来年はぼちぼちやっていこうと思います。

・講演は控えめに
 これは◯ですねー。いくつか断ってしまって大変申し訳ございませんでした。しかし、おかげさまで色々できました。来年からは少しはパワーアップしたのを提供できるか???とりあえずCOTがらみが2、3月、6月にリハ医学会と業者のセミナーが入っています。ご興味のある方は是非どうぞ。でも来年も今年と同じぐらいのペースでいいかな。

・家族サービスはする
 これは◎といいたいところだが、家族の実感がないようなので◯(笑)私自身もいい体験ができたので、来年もキープしたいすね。

・厄年終えて謙虚に挑む
 これは△。歳を重ねるにつれ、心豊かに品良く生きねばと反省です。運転研究関係の発信と幸せになるような発信に教官が多かったようですので、来年の発信は人のためになるよう、幸せになるよう、そして笑えるもの(笑)を謙虚に心がけていきたいです。

平均的に合格点かなと思います。来年も精進します。とりあえず今年のタスクは今年のうちに(笑)



最後まで読んでくださり、また本年もありがとうございました。良いお年をお過ごしください。

2018年11月30日金曜日

もうすぐ師走ですー

新しく違う病院で月1で始めた運転支援も、はや2ヶ月すぎ、昨日、今日と連続で実車評価です。まあ何とも贅沢な。いつも教習所の指導員の先生方にはお世話になっています。

おかげさまで「作業療法とドライブマネジメント」ご愛顧いただいているようです。
色々なものが網羅されていると思います。

ちなみに実車評価は僕の勤務としても今んところ完全ボランティアでやっています。
しかし、やはり見てみてわかるものもたくさんあります。
実車評価の研究は来月のおなじみの安全運転研で発表しますので、ご興味のある方は見にきてくださいね。

ところで、今年ももう終わりですねー。
色々、講演をお断りして、その代わりに僕の仲間に色々代打で行っていただき、本当に申し訳ないとともに、僕の代わりがより良いものになっているので、そもそもかえってよかったのかとも思っています。

おかげさまで、色々勉強させていただいたので、来年は頑張っていきたいと思います!

40代も半ばに突入。早く50が楽しみやなーって思います。

今年も終わり間近。スパートかけて頑張っていきたいです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。


2018年10月31日水曜日

卒業研究

先日、卒業研究発表会がありました。

教員経験はトータルで5年ちょっとになり、卒論指導は4回ぐらいやったことありましたが、アドバイスを受けて今年から少し方針を変えております。

今までは学生中心で自分の好きなテーマでやってもらっていたんですが、今年からは私のテーマに関してをやってもらうってことです。これをやったことで飛躍的に色々変わりました。本当に色々変わりましたが、主に変わったことを3つぐらい挙げたいと思います。

・テーマが臨床的に欲されるものになった
 学生のテーマは本当に天真爛漫に好きなことをやるケースが多いですが、臨床的に欲されるテーマがあることは稀です。仕様がないですよね。臨床で働いているわけではないですから。
私のゼミはクライエント中心に関するものと運転に関するものの2班に分かれます。自分のテリトリーということで今年は4名のゼミ生がいましたが、どの研究も臨床の先生方が知りたい情報だろうなと思います。詳細はまた今度w

・研究の質が飛躍的に上がった
 これは本当にそう思います。以前は私の得意分野でないものもありましたが、今ががっつり合致しますので、文献の紹介から内容の指示までハイエンドなことを指導できます。しっかりとした手法を学ぶこともできますし、必然的に英文にも慣れます。

・学生のまとまりが出た
 同じようなテーマの人間が集まるので、共同できます。チームワークを大事にするゼミなので、これは良かったなと思います。

どのゼミ生の発表もかなり良かったなと手前味噌ながら思います。学生が結果を見せてくれたので、次はmy turnです!彼らと共著で載れるよう頑張ります!

最後まで読んでくださりありがとうございました!





2018年9月10日月曜日

学会かんそー

第52回日本作業療法学会に参加して来ました。
感想ですー。

・発表について
久しぶりに口述発表しましたが内容が看護のように教員同行型実習でした。これについては今もやっていますが、手応えを感じて来ています。
一方で、CCSに関する報告やシンポが多かったですが、言葉が一人歩きしている懸念を少々感じました。私が病院時代の管理者であった時、養成校からの依頼でCCS型実習を受けた経験や現在も様々な臨床家から話を伺ったことを総合すると、現場の評価は悪いものも多く、結局従来型と一緒で丸投げになっている印象を受けます。私は一応、CCSに肯定的な立場ですので何とか良くしたいなーと思うのです。どのような形であろうと、臨床との連携が一番の重要課題ではないかなと改めて思いました。



・イブニングセミナーについて
臨床作業療法学会で3名に登壇していただきました。満員御礼立ち見で600人越え。どうも皆様ありがとうございました。京極先生とは色々話をさせていただきましたが、本当クレバーで、爆笑でした(会場の方すいません)。竹林さんの話もはじめ難しいやろ、とたかをくくっていましたが、わかりやすかったです(竹林さんすいません)。統計の話は個人的に色々収穫があり、本学に京極研の卒業生清家先生が来ていただいて、毎週の研究会議で色々教えていただいた成果やなーっと勝手に感謝していたのです。その後の理事会もみんなで和気藹々。仲がいいのが売りですw さて、来年どうするかやなー。

・ナイトセミナーについて
こちらも開始時間がかなり遅かったのですが、満員御礼でした。加藤先生の話でした。わかりやすく、先行研究と実践を組み合わせていて、本当に尊敬できる内容でした。個人的に今年は講演をお断りして、学びを深めており、特に運転には力を入れているので膨大な量の先行研究の紹介にほぼついていけたのは収穫かなと思っています。うん頑張っていてよかった。ちなみにその後の懇親会でも加藤先生は最強で面白かったです。

・作業療法とドライブマネジメントについて
いよいよ発売になりました。ギリギリの発売で郵送してもらうようにしていたので、まだ持っていませんw  TKB上肢本には及びませんが(笑)、多くの方に手を取っていただいたようでよかったです。運転を頑張っている作業療法士の方々が書いている本ですので、運転支援をされる作業療法士の方は一度ご覧いただければと思います。


これからも精進して進まねばなーと思います。
最後に北海道の震災に遭われた方、心からお見舞い申し上げます。
読んでいただきありがとうございました。



2018年9月6日木曜日

北海道および台風21号等で被災された皆様へ。 

北海道および台風21号等で被災された皆様へ。 


様々な甚大な災害について日本臨床作業療法学会会長として心よりお悔やみ申し上げます。
公表については悩みましたが、複数の理事よりご支援いただいたこと、問題を考慮しまして、会長権限にて公表させていただきます。

その理由においては本学会における第52回作業療法学会ナイトセミナーへ、参加有無に関して苦慮している会員の方々がいらっしゃる可能性があり、公表いたします。

本セミナーに関しましては、会員特設サイトにて同レベル、同内容の講義についてE-Learingにして視聴可能にすることを検討中です。会員皆様にはご自身、ご施設についてご配慮いただけましたら幸いです。どうかご無理に選択されること、消沈される心配はされなくて結構でございます。仮に本件が懸念材料になるのであれば、是非今ある、先生方のクライエント支援に没頭されてください。

これら内容については、シンポジストである、本学会理事、友利氏、竹林氏、そして京極氏のご快諾の元に決定しております。

会長としてシンポジストの先生方に心より御礼申し上げるとともに、被災された全ての方々に早急な復興、および本学会の後ろめたさを排除し、屈強なる精神のもとクライエント中心の実践を行う姿勢を心より祈念およびご支援申し上げます。

日本臨床作業療法学会 会長 澤田辰徳